« エマ・ストーン | トップページ | アンチフェイスブック »

服とは一体何なのか、何故人は着飾りたいのか

私は洋服を選ぶ時、地味な色を選ぶ。

自然がビックリしないような。

茶、緑、紺、生成り、黒、、、。

なんというか、悟られないようにしたいと言う思いが働くとこうなる。

そんな流れとは逆にピンクのような鮮やかな色にも最近は興味を持ちはじめた。
変わるなら今。

そんな言葉につられて色んな色を着てみたくなった。

しかしピンクは少々怖い。

浮ついた気持ちを表すようで怖い。

ピンクの服は、コーデュロイのジャケットが一着、カーディガンが一着、スカートが一着のみ。

柔らかい人に見られたいのかもしれない。

でもまだ良い。
今は正体をかくしていたい。

« エマ・ストーン | トップページ | アンチフェイスブック »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エマ・ストーン | トップページ | アンチフェイスブック »